太平洋コンサルタント株式会社

コンクリート診断・試験、環境分析のご用命は太平洋コンサルタントまで!

外壁打診点検

建築基準法により10年に一度の全面打診が義務化。打診点検ロボットを活用した外壁診断システム、ウォールサーベイシステムが打診点検をより早く、より省力化します。

ウォールサーベイシステム

ウォールサーベイシステムの特長

ウォールサーベイシステムの特長

ウォールサーベイロボの走査で歩掛が半分以下に。

ウォールサーベイシステムの特長

足場の確保が不要となり大幅なコスト縮減が可能。

ウォールサーベイシステムの特長

ゴンドラ作業や足場作業を軽減できるため安全です。

足場が不要、安全な作業
屋上からのぶら下げ方式による走査。
天候の影響を受けにくい
サーモグラフィ、ドローンと比較して天候や風の影響が受けにくいです。
プライバシーを侵さない
打診を行うのはロボットのため、住民のプライバシーを確保します。
歩掛りが小さい
通常の打診点検よりも、現場の作業時間を短縮できます。
点検記録をデジタルデータで保存
点検時に取得した打診音はデジタルデータでビデオと一緒に保存します。
判定者の経験の差が生じにくい
汎用的な点検棒(コロリン転検棒)による打診のため、打診点検の経験者であれば容易に浮きの判定が可能。

ウォールサーベイシステム

ウォールサーベイロボの構造と機能

ウォールサーベイロボの構造

ウォールサーベイロボの構造

ウォールサーベイロボの構造

サイズ 450×280×165mm
重 量 3.4kg
必要電源 AC100V

実建築物を対象とした性能評価試験

ウォールサーベイシステムと点検員の打診点検を比較評価
  • 浮き発見性能の確認
  • 点検作業時間の確認
  • 省力化効果の定量評価

ウォールサーベイシステムと点検員の打診点検を比較評価

  • ・千葉県佐倉市の民間建築物を対象に性能検証を実施
  • ・45二丁タイル(45×95mm)、約42㎡
  • ・タイル総数:約7500枚
浮き発見性能の評価結果(一部エリア)

ウォールサーベイシステムと点検員の打診点検を比較評価

人員点検 点検棒
タイル総数 2,835
浮き発見数 280
浮き一致数 264
未発見数 16
誤診数 312
正解率 94%
未発見率 6%
誤診率 11%

【正解率】本システムの浮き発見結果が点検員の診断結果と一致した率
【未発見率】本システムで浮きを発見できなかった率
【誤診率】本システムで発見した浮きが点検員の診断で健全だった率

点検作業の省力化効果
点検方法 歩掛(分/㎡)
点検員による打診 4.8
ウォールサーベイシステム 1.7

緑部分がウォールサーベイシステムが検出した浮き緑部分がウォールサーベイシステムが検出した浮き

ウォールサーベイロボによる点検手順

屋上にウォールサーベイロボをセッティングします。屋上にウォールサーベイロボをセッティングします。

地上部にビデオカメラとワイヤレス集音装置を設置します。地上部にビデオカメラとワイヤレス集音装置を設置します。

ウォールサーベイロボの走査状況と打診音を録画します。ウォールサーベイロボの走査状況と打診音を録画します。

現場にて打診音から凡その浮き箇所を判定し、録画データから浮き位置を確認します。現場にて打診音から凡その浮き箇所を判定し、録画データから浮き位置を確認します。

ご依頼からご報告までの流れ

はじめに対象建築物の事前調査をさせていただきます。ここでは、対象面積、本システムの利用可否、足場の必要可否、周辺環境の確認等を調査させていただきます

ご依頼からご報告までの流れ

調査にあたっての注意事項
  • ・天候によっては作業日程を変更することがございます。
  • ・デジタル検査データの保管を保証するものではありません。
  • ・建物の状態によっては、本システムが適用できない場合がございます。
  • ・建物の状況によっては、足場の設置が必要な場合がございます。
  • ・周辺環境によっては、道路利用許可等の行政手続きが必要な場合がございます。

ウォールサーベイシステムはダイヤモンド技建社の登録商標です。

関連する技術はこちら

当ページのパンフレットはこちら

ご相談・ご依頼はこちら